亜鉛、カルシウム、乳酸菌が妊活にイイ理由

子供を授かるための妊活!意識して取るべき栄養素は?

ninpu

子供を授かりたいと思っていながら、思うように妊娠できない女性の間では、妊娠の為の活動である、妊活がブームになっています。

妊活においては、妊娠に必要な栄養を摂取する為の、食生活の改善からスタートして、妊娠の為の性生活の知識といったものを、学んでいきます。

また、卵子の排卵サイクルを見つけ出し、そのタイミングで妊娠を測る、タイミング法といったような知識を生かして、計画的に妊娠を目指していくといったような事も、行います。

そのような手段をとっても妊娠の兆候が見られない場合、最終的な手段として不妊治療といった医学的な治療を行っていくことになります。

ただ、不妊治療に関しては、女性の負担も非常に重く、加えて精子の検査などで、男性にも協力を求める必要があり、色々とハードルが高くなってきます。

したがって、まずは妊活の中でも取り組みやすい、生活習慣の改善といったところから、スタートしていくのが良いでしょう。

この記事では、妊娠の為の食生活の改善を行うにあたり、意識的に摂取していくべき栄養素について、述べていきます。

適切な栄養素を摂取する事は、男性の精子の質、そして女性の卵子の質の向上につながります

質の高い精子と卵子が出来る事により、必然的に妊娠の可能性も高くなります。

ただ、このような精子と卵子の質の向上は、食生活の改善をスタートして、2〜3か月程度の期間がかかる事になります。

したがって、焦らず気長に取り組んでいくのが、一番でしょう。

さて上記で述べてきたような、妊活をしている夫婦が積極的に摂取すべき栄養素についてですが、具体的には次の9つの栄養素を、挙げる事が出来ます。

それが葉酸、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、コエンザイムQ10、乳酸菌、ビタミンC、ビタミンEになります。

特に亜鉛、カルシウム、乳酸菌を積極的に摂取すべき理由

ninpu

さて上記で述べてきた、妊活を行う上で積極的に摂取したい栄養素についてですが、中でも特に意識的に摂取したい栄養素というのが、3つあります。

妊活の最重要栄養素と言っても、いいものになります。

それが、カルシウム、亜鉛、乳酸菌になります。

以下の文章で、それぞれの栄養素の働きについて、述べていきます。

まず、カルシウムについてです。

カルシウムに関しては、妊娠後の赤ちゃんの骨などを作る、元になります。

健康な赤ちゃんを育てたいと思ったら、妊活中の段階から積極的に、カルシウムを摂取していく必要があります。

この段階でのカルシウムの摂取が、後々の赤ちゃんの健康的な成長に、関わってきます。

次は、亜鉛についてです。

この亜鉛ですが、実は別名セックスミネラルと呼ばれているものになります。

特に男性にとっては、この亜鉛を積極的に摂取する事によって、精子の質を向上させるという効果があります。

また女性については、卵子の老化を防いでくれるという効果もあります。

こちらの亜鉛も、良質な精子と卵子を作る為には、必要不可欠なものになります。

最後に、乳酸菌になります。

乳酸菌については、腸内環境を整える役割を果たす事は、よく知られています。このような、腸内環境が良い状態になっている事は、妊活中は非常に大切になります。

腸内環境が良好である事により、上記で述べたような、妊活で積極的に摂取したい栄養素を摂った場合の、吸収率が全然変わってきます。

摂取した栄養素を、最大限に生かしたいなら、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えるようにしましょう。

さて上記で述べてきたような、栄養素についてですが、理想的には食生活の中に取り込んでいきたいところです。

ただし、それが難しいようなら、妊活の為のサプリメントといったものを、試してみるのも良いでしょう。

妊活の為のサプリメントには、上記のような栄養素が豊富に含まれているので、そのようなサプリメントを試してみるのも、良いでしょう。

こちらのコラムも人気です!