「妊娠ビタミン」ビタミンEとビタミンCを多く含む食材

ビタミンEとビタミンCは、妊活に絶対に欠かせない大切な栄養素です!

ninpu

ビタミンというのは、妊活に欠かす事の出来ない栄養素として、注目を浴びています。

妊活用のサプリメントを利用する事で、日常的に摂取している夫婦も、いるのではないでしょうか?

そんなビタミンの中でも、特に欠かす事が出来ないのは、ビタミンEとビタミンCです。

ではなぜ、これらのビタミンが妊活に良い影響を、及ぼしているのでしょうか?

そのメカニズムを、みていくことにしましょう。

ビタミンEはホルモン分泌と、血行促進に良い影響を与える

ビタミンEには、血行促進やホルモン分泌を、活発化させてくれる働きがあります。

それは妊活にも、良い影響を及ぼしてくれるのです。

不妊治療に悩んでいる人の中には、排卵日が不安定になっている人が多いです。それは、ホルモンバランスが崩れているから

その為、ビタミンEを摂取して、ホルモン分泌のバランスを 整えていく事で、排卵日の安定につながります。

排卵日が安定していれば、計画的に性交渉を行う事が出来ますから、精子を卵子に届けやすくなります。

また血行の促進も、妊活にとってはすごく重要です。

不妊治療の甲斐があって、なんとか 無事に妊娠出来たとしても、血行が良くない場合は、お腹の中にいる赤ちゃんに、健康的な栄養が届かないのです。

妊娠中の女性は赤ちゃんの為に、栄養バランスを考えた食生活を、送っていると思いますが、血液がドロドロではその意味はありません。

その為、ビタミン Eが必要というわけです。

ビタミンEは、流産のリスクを減少してくれる

不妊治療に悩んでいる人は、過去に流産を経験しているケースが多いんです。

流産というのは、繰り返してしまう妊婦さんもいるので、過去に流産の経験がある妊婦さんは、この辺りに関しては、とてもシビアになっています。

ビタミンEは、流産のリスクを軽減させてくれる働きを持っていますから、是非とも取り入れたい栄養素です。

流産だけではなく、妊娠機能障害や排卵障害における改善も見込めるので、摂取しておいて損はありません。

ビタミンCは、ビタミンEを支えてくれる、縁の下の力持ち

先ほど、ビタミンEがどれだけ不妊治療に向いているのか?という話をしましたが、このビタミンEを活性化させる働きを持っているのが、ビタミンCです。

ですから、ビタミンEを摂取する時は、効率をアップさせる為に、ビタミンCも一緒に摂取するのが理想的となっています。

産婦人科で、本格的な不妊治療に励む場合にも、ビタミンEとビタミンCはセットで処方される事が、ほとんどです。

ただ、いくら妊活に良い影響を与えてくれると言っても、摂取しすぎるのは危険ですから、注意しましょう。作用が起こる可能性があります。

ですから、必ず1日の摂取量を超えないようにしてください。

ビタミンEとビタミンCが。多く含まれている食材とは?

ninpu

これらのビタミンというのは、サプリメントを利用して摂取する事も出来るのですが、出来る限りサプリメントは栄養補給の補助として、考えるようにしましょう。

本格的なビタミンの摂取は、食生活の中で補うのが 理想的と言えます。

そこで、ビタミンEとビタミンCが、それぞれ多く含まれている食材を、紹介していきましょう。

ビタミンEが豊富な食材とは?

ビタミンEが豊富に含まれている食材は、次のようなものとなっています。

明太子、うなぎの肝、唐辛子、しそ、モロヘイヤ、キャビア、ホタルイカ、アーモンド、抹茶、しその実、赤ピーマン、大根、かぼちゃ、菊の花、マーガリン。

ビタミンCが豊富に含まれている食材は?

ビタミンCが豊富に含まれている食材は、次のようなものです。

ロースハム、焼き海苔、ベーコン、イチゴ、黄ピーマン、金柑、にがうり、パセリ、ブロッコリー、フライドポテト、カリフラワー、芽キャベツ、柿、レモン、キウイフルーツ、かいわれ大根、とろろ昆布。

こちらのコラムも人気です!